金丸悠子 Kanamaru Yuko

歌のコーチ、歌手

神奈川県横浜市出身

3 歳からピアノに触れる。中高生のころはブラスバンド部でパーカッションを担当。大学のジャズ研究会に所属しジャズドラムスを演奏するも、メロディーを奏でる憧れが満ち、ジャズボーカルを始める。

 

卒業後、アメリカのカリフォルニア州で行われるモントレー ジャズフェスティバルにビッグバンドにて参加。その後、都内や横浜市内を中心にジャズコンボやロックバンド編成でライブ活動を開始。活動のなかスカウトを受け、横浜関内の老舗クラブの専属歌手を務める。

 

2010 年 全曲オリジナルソングのミニアルバム「double rainbow」を発表。

 

2017 年 カルチャースクール 東急セミナーBE たまプラーザ校にて「英語で歌うPOPS」の担当を開始。神奈川県の私立高等学校 軽音楽部ボーカルコーチも務める。ボーカルパーソナルレッスンもスタート。

 

2018 年 都内ボーカルスクールでレッスンを開始。東急セミナーBE にて講座数拡大。18 年連続、横浜ジャズプロムナードへ出演中。現在は複数のグループレッスンと、ボーカルパーソナルレッスンを展開中。


「音楽とわたし」

いつでもどこでも、音楽が流れている家庭で育ちました。

ピアノやパーカッションは学生時代から演奏していましたが、歌を始めたのは20 歳くらいのこと。

 

芸を磨くために修行を始めます。劇団四季のメソッドを使った発声レッスンや英語の勉強、

見識を広げるためにいろんなアーティストのライブに行き、座禅をしたり沢山の映画を見たりもしました。

 

身体の鳴らし方やパフォーマンスの見せ方を徐々に掴みだすと、人前で歌う機会も増えます。

そして自分はどういった状況だとイキイキとパフォーマンス出来るのかが分かってきました。

「自分もバンドもお客さんも楽しんでいる」「本番のハプニングも楽しめる場」

この2 つが重なるとき、言葉を超えた奇跡の時空間に包まれたのです。

 

そして、ハプニングを楽しむには、大地のような揺るぎない技術と、

風のように自由な精神が必要だと実感します。

楽しく遊ぶには練習と本番を繰り返すことが必要だと再確認しました。

 

そのころから、歌のレッスンのご希望をいただいたり、

ライブMC のコツなど聞かれたり、教える事のオファーをいただき始めます。

元々説明することが好きで、自分の行動で誰かが幸せになれるなら、と歌のコーチを始めます。

 

現在は、歌のコーチと歌手活動を並行しています。

ボイストレーナーというよりも

“アドバイザー” “音楽の楽しみ方を伝える人”がイメージに 近いです。

音楽を楽しむために必要な技術や知識を、

それを必要としている方にアドバイスすることが、わたしの役目です。

 

ご趣味で取り組まれる方には音楽の楽しさや、

音楽を通した成功体験で自信をもっていただき、

人生になんとなく前向きになっていただけるように。

 

プロミュージシャンやプロを目指している方には、

音楽表現を仕事にするための技術、心構えを体得するアドバイスをさせていただき、

自分という商品の価値を上げ、より幅広い活動につなげていけるように。

 

音楽のチカラや美しさ、脆さ、奥深さ、難しさなどをお互いに述べ合いながら、

生徒さんのニーズに合わせたレッスンを心掛けています。

わたし自身も常にアップデートをし、鮮度の高い情報をご提供したいと思っています。

 

生徒さんが元々持っている唯一無二の声に気づき、それを好きになる。

声に意識を向けコントロールすることは、つまり、その方の人生をより豊かにすると信じています。

 

十人十色の音色を鳴らす、そんなレッスンを目指します。